大会開催について
本日のツール・ド・三陸2016は、予定通り開催いたします。
時間通りにお越しくださいますよう、お願いいたします。
 
参加者募集中
 
最新ニュースニュース一覧
 
 
 
応援メッセージ 2016年
 

片山 右京

さん(グッド・チャリズム宣言プロジェクト・リーダー)
片山右京 「ツール・ド・三陸」は、とうとう第5回の開催を迎えます。2012年秋に、みんな手探りで第1回を催すことができ、なんとかここまで来れたのは、「続けたい」というみんなの思いがひとつになり、それがつづいた結果だと思います。
昨年の第4回では、初めて大会当日に参加でき、皆さんと一緒に走れて、本当にうれしかった。前日の試走では晴れたのに、当日は雨でした。ですが、それにもかかわらず、多くの方々が沿道で応援してくれて、大会が少しずつ定着できたのかな、と感じました。
第1回の頃を思いだすと、街は大きく変わりつつあります。復興の気配はたしかにありますが、正直、まだまだという面が多く残っています。最近、熊本でも震災がありました。僕の遊び場でもあった土地だけに、本当に心が痛いです。
ですが、いつも人は支え、支えられて育ちます。そして人の心の根っこには、「夢への挑戦」があると僕は信じています。だから、夢を心に描けば、必ずチャレンジするエネルギーが生まれるのだと思うのです。
今回も私も参加出走して、多くの仲間とともに応援のエールを送りながら、イベント全体を盛り上げます。今回の「ツール・ド・三陸」が、大きな夢へのさらなる一歩になってくれたら、と強く願っています。
 
 

日向 涼子

さん(モデル)
日向涼子 『ツール・ド・三陸』は、今年で5回目の開催を迎えることとなりました。
第1回目は震災の影響で舗装がはがれてしまった道路を全員が自転車を押して歩いたのが印象的でしたが、その後、高台移転に伴う造成工事、新市街地形成のためのかさ上げや防潮堤工事など、開催のたびに復興の様子を伺い知ることが出来、また、回を重ねるごとに参加人数が増え、地元の方々と参加者との結びつきが強くなっていると感じています。
昨年は「健脚マウンテンコース」を増設しましたが、「もっと走りたい!」という声にお応えして、今年は鹿やカモシカも生息する山を走る「剛脚もののけコース」を新たに設定しました。復興の様子を知るのはもちろんのこと、ライドイベントとしての楽しさも味わえるのではないでしょうか。
皆さんとともに成長し、思い出を重ねていけるこのイベント。
ホストライダーとして、参加者の皆さんに「来てよかった!」と心から感じていただけるよう努め、また思い出を共有したいと思っています。
 
 

山田 玲奈

さん(キャスター/気象予報士)
山田玲奈 いよいよ5回目の開催となるツール・ド・三陸。年々参加者が増え、今年はヒルクライムのコースもあったりと、ツール・ド・三陸が陸前高田の復興と共に大きくなっているのであれば、とても嬉しいです。
昨年と比べて景色がどんな風に変わったのかな、またあの応援団に会えるかな、と楽しみにしている方も多いでしょう。また、初めての参加でドキドキの方もいらっしゃると思います。
ツール・ド・三陸は、とてもアットホームな大会です。沿道で応援してくださっている方にはもちろん、参加者同士でも声を掛け合って、沢山交流していただきたいです。
今年は熊本地震もありました。ツール・ド・三陸を通して、助け合う事、一つになる事を、また改めて考える機会になるのではないかと思っています。
とにかく笑顔で楽しんでください!
 
 
大会開催にあたって
 
陸前高田市長/ツール・ド・三陸 実行委員会名誉会長 

戸羽 太

東日本大震災から6年目を迎えました。これまで、国内外のたくさんの方々から温かい支援や励ましを賜り、心より感謝申し上げます。
今回、「ツール・ド・三陸in りくぜんたかた・おおふなと」が、多くの企業、団体、支援者のご協力のもと、5回目の開催となることを心よりお喜び申し上げます。本年度は、市街地において公共施設や大型商業施設の建設が始まるなど、様々な復興事業が目に見えて進捗する年になります。参加者の皆様には、本市の豊かな自然を満喫していただくとともに、まちの復興状況を見ていただきながら、サイクリングを楽しんでいただきたいと思います。
そして、震災を経験したまちとして、このイベントを含む様々な機会を通じ、熊本県を中心に発生した一連の地震により被災されました皆様の一日も早い復興をお祈りするとともに、私たちなりの支援をさせて頂く所存でございます。
全国からのご参加を心よりお待ち申し上げます。
 
 
ツール・ド・三陸の姉妹大会について
2016年5月22日(日)に、ツール・ド・三陸が姉妹大会として応援している「おおつち新山高原ヒルクライム2016/ツール・ド・三陸 おおつちstage」が初開催されました。
公式ホームページ:http://www.facebook.com/shinyamakogenhillclimb2015
 
 
 
公式ジャージ追加販売
 
笑顔の架け橋Rainbowプロジェクト
 
サイクリングリーダー
 
タイムズカーレンタル
 
 
鹿島建設・佐武建設・
明和土木・中澤組JV
東武タワースカイツリー
安藤ハザマ戸田建設
豊島建設JV
安藤ハザマ錢高組
樋下建設JV
東武トップツアーズ
山﨑建設丸磯建設
竹沢建設JV
古河産機システムズ
日本コンベヤ郷鉄工所JV
管清工業
 
 
 
アサヒグループホールディングス
アマタケ
ウエイブワン
おおつち新山高原ヒルクライム2016実行委員会
大船渡プラザホテル
クマガイサイクル
シェリール
スクラム釜石
タイムズモビリティネットワークス
Team UKYO
ツール・ド・さくらんぼ運営会議
テレビ岩手
フォトクリエイト
ワイズ・コーポレーション
 
 
 
大船渡市
大船渡市体育協会
 
 
 
NPO法人グローバル・スポーツ・アライアンス
 
 
オフィシャルツアー・宿泊情報
 
<Facebook>
Rikuzentakata / がんばっぺし陸前高田【陸前高田市】
 
 
陸前高田市観光物産協会
 
ツール・ド・三陸2016事務局
お問い合わせは以下のメールアドレスまでお願い致します。
Mail:info@tour-de-sanriku.com